15の君たちからの感想

SCとして勤務している中学校の3年生(6クラス)を対象に、「ストレスマネージメント・コーピング」の授業をさせていただきました。

中学校の教壇に立つのは「教育実習」依頼で40年ぶり(汗)なのですが、どの子もいっぱい考えて、いっぱい話してくれました。
一部ですが、紹介します。

・自分はストレスを感じると頭や胃が痛くなるので、よく薬を飲むし、それが結構な頻度であるので、自分なりにリラクゼーション法を試したりして、毎日をもっと明るくすごせるようにしたいと思った。

・ストレス解消には、自分の好きなことをするといいと思いました。いいストレスがあると初めて知りました。リラクゼーション法もやってみようと思います。

・ストレスは人によって感じ方などが違うことがよく分った。すぐイライラする場合どうすれば良いかを知りたい。

・ストレスの解消法で「依存」するようなことはいけないと思った。自分にあった解消法をしていきたい。

・ストレスに弱い方なので、すぐにイライラとかがたまってしまうので、早く発散したいと思います。色々知れてよかったです。

・ストレスの仕組みや解消法、リラクゼーションについてよくわかった。特にリラクゼーション法はしっかり覚えておきたい。

ストレスにはプラスになるものと、マイナスになるものがあるということがわかった。

自分はすぐに人にあたったりしているので、これからは人に話したり、音楽を聞いたりしてストレスを解消できたらなと思いました。

自分が今なんでいらいらしているのかが分ってすっきりした。ストレスの解消法が自分なりに見つけられた。

SCさんの話なんて聞く機会が少ないので、ちょっと楽しかったです。リラクゼーション法(ねむくなるほどリラックスしました)や解消法が分ってうれしかったです。

授業の最後でしたリラクゼーション法は思った以上にリラックス(スッキリ)できました。そして、ストレッサ―になるものも多かったので、その分スッキリできるのもを探すべきだなと思いました。

最後にやった目をつぶって、自分の速さで息を吸ってリラックスをすることは、とても便利なのでぜひやってみたいです。とても勉強になりました。

今まで良くない方法でストレスを解消していたから今回知れて良かったと思う。これから教えてもらったストレス解消法を試したいと思った。

ストレスが自分にとってどんな影響を与えているか分った。

それぞれの感想に「大変よくできました」のハンコと私からのコメントを書いて返そうと思っています。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひらがな読めてるかな?

SCとして勤務している小学校で1年生の観察と担任の先生方との相談がありました。

個々の課題とは別に、

書字に課題がある子はどれぐらいいるのか・・・

どれだけの子がきちんと「ひらがな」が読めているのか・・・

という話題になりました。

書字に対しては、巡回をしていた時にもたくさんの学校で紹介してきた「曼荼羅塗り絵」や「点つなぎプリント」などのパッケージをお渡ししました。

「ひらがな」の読みについては、「鳥取大学方式」でのアセスメントと取り組みを行うことを提案し快く了解していただきました。

カウンセラーの仕事とはちょっと違うかもしれないのですが、

こうゆう相談にも積極的に応えられる「専門家」でありたいと思っています。

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不安障害・睡眠障害・ネット依存

不登校生徒と向き合っていると

不安障害だったり

睡眠障害だったり

ネット依存だったり

起立性障害だったりが

見えてきます

どれからアプローチするのが一番効果的なのか

その子の「自己一致」を

どこからサポートしていくのか

彼らの課題でもあり

私の課題でもあります

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支援シート(案)

何人もの「不登校生徒」がいる学校は、定期的に会議はしていても、具体的な手だてが進んでいないところもあります。

それぞれの学校で今何ができるのか?
その子は何から取り組んでいけばいいのか?
もちろん、ゴールは「登校再開」ではなく「生き生きとした生活」です。

先生や生徒たちと一緒に考えていこうとこれらの「支援シート」(案)を作ってみました。
ご質問・ご意見等ありましたらコメントかメールをくださいね。

ダウンロードはこちら↓

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「来ないものは支援のしようがない」から「できることをやってみる」に・・・

「来ないものは支援のしようがない」って?!
「できることなんてない!」って?!

「じゃあ、一緒に家庭訪問しましょう!」
「手紙書きますから渡してください!」
「とりあえず、この支援シートに書き込みましょう!」

「不登校対策」じゃなくて
ひとりひとりの子どもたちの「未来」を支えるために
できることは
結構いっぱいあるのだと
担任の先生にそう思ってほしいと
強く思うのでした・・・

ブログランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、うれしいです⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「不登校」や「不適応行動」の背景にあるもの