« 不登校を考える | トップページ | 子どもが見たい構造化 »

AAPEPについて

TEACCHで使われているAAPEP(青年期・成人期心理教育診断評価法)は青年期以前の児童にとっても大変参考になるものです。

自立・自律への取り組みの指標となるものですし、QOL(生活の質)を高めるための指標ともいえます。

AAPEPは家庭尺度質問紙と学校/作業所質問紙の2つに分かれています。

それぞれ職業スキル、自立機能、余暇活動スキル、機能的コミュニケーション、対人行動などの質問に分かれています。

現在の状況を把握し、これからの療育支援を計画していく上で大変参考になると思います。ぜひ参考にしてください。

家庭尺度

学校/作業所尺度

関連ブログはこちらからどうぞ ⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 不登校を考える | トップページ | 子どもが見たい構造化 »

TEACCH」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/17266372

この記事へのトラックバック一覧です: AAPEPについて:

« 不登校を考える | トップページ | 子どもが見たい構造化 »