« SPELL | トップページ | 不登校を考える »

CADPS2遺伝子とBDNF

今年の自閉症スペクトラム学会(@帝京大学)で最も興味を惹かれたのは、

定方哲史氏(理化学研究所・脳科学研究センター・分子神経形成研究チーム)のCADPS2遺伝子がBDNF(脳内物質)の分泌に関与するという報告でした。

CADPS2遺伝子のノックアウトマウスが社会性行動の異常、母性行動の低下、多動、新奇環境への適応能力の低下、睡眠リズムの異常などの症状を示す事を明らかにし、また、小脳の形態異常も自閉症児と同様である事が認められたと言う事でした。

BDNFの分泌パターンが変化する事により、神経ネットワーク形成に混乱をきたす可能性が大きいと言う事が明らかにされたと言う事でした。

欠損型CADPS2はBDNFを作ることができないようです。

一日でも早く遺伝子レベルでの治療が可能になることを願っています。

|

« SPELL | トップページ | 不登校を考える »

理論・知見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/17236543

この記事へのトラックバック一覧です: CADPS2遺伝子とBDNF:

« SPELL | トップページ | 不登校を考える »