« ABC分析編(2) | トップページ | 爪をかむ癖 »

発達障害の子どもたち  講談社現代新書

発達障害の子どもたち    杉山登志郎著・講談社現代新書

著者はこの本に書かれたことが行き渡れば、

「発達障害の社会的な適応は著しく改善し、障害児とそのご両親はより幸福になる・・・(はずである)」とあとがきで述べています。

いささか書きすぎの感はありますが、発達障害児にかかわる保護者や療育・教育関係者が本書に書かれている「根本的で重要な問題」をきちんと理解し、ていねいな取り組みを行うことは、発達障害児の成長・発達にとって大変重要であると思います。

また、本書は発達障害に関しての入門書でありながら、新しいことをいくつも発見する事ができる本です。

私は、学校教育にかかわる者として、本書に紹介されている対照的な事例は決して人事のように感じられませんでした。また、特別支援教育の現在の問題点を解決する方向で何らかの行動を起こさなければとも思いました。

関連ブログはこちらからどうぞ ⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« ABC分析編(2) | トップページ | 爪をかむ癖 »

関係書籍等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/17853822

この記事へのトラックバック一覧です: 発達障害の子どもたち  講談社現代新書:

« ABC分析編(2) | トップページ | 爪をかむ癖 »