« 感じない子ども、こころを扱えない大人 | トップページ | 「おやごさん」に学ぶ(1) »

育てたように子は育つ

「育てたように子は育つ」 相田みつを書 佐々木正美著 (小学館文庫)

ご存知、相田みつをさんの書に佐々木正美さんが解説をつけたものです。最近文庫化されました。

佐々木正美さんのヒューマニティーあふれる語り口については以前にも書きましたが、この本の中でも随所に感じる事ができます。

これは「子育て」の書として企画されたものですが、大人たちの生き方の書でもあると思いました。

「つまづいたって いいじゃないか 人間だもの」 この解説に佐々木さんは、

ノースカロライナ大学のメジホフ教授の

「There are no mistakes. Tere are only lessons」ということばと

ミヒャエル・エンデの

「試験の答案に要求されるようなことなどみんな忘れたって、学はなかったということとは全然違うのだ」ということばを紹介し、

ご自身は、「人生に出発は、何度あってもいい」と書かれています。

関連ブログはこちらからどうぞ ⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 感じない子ども、こころを扱えない大人 | トップページ | 「おやごさん」に学ぶ(1) »

関係書籍等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/17624089

この記事へのトラックバック一覧です: 育てたように子は育つ:

« 感じない子ども、こころを扱えない大人 | トップページ | 「おやごさん」に学ぶ(1) »