« WEB本棚を作成しました。 | トップページ | 「調和」するということ »

行動変容法入門(二瓶社)

行動変容法入門(二瓶社) レイモンドGミルテンバーガー著

3780円という値段に若干ひるみましたが、手にしてみると納得のボリュームです。

総ページ数488。 ABAをさらに詳しく学ぶ事ができる本のようです。

できれば、理論・知見のカテゴリーでこの本から学んだ事をまとめたいと思います。

(かなり先のことになりそうですが・・・)

これは、まだ本論に至る前の記述ですが、重要なことだと思うので紹介します。

「問題行動を起こす原因は自閉症という障害にある、という言い方をされる。しかし、自閉症はその子どもが示す行動パターン全体を記述する一つの名称にすぎない。自閉症そのものが実体としてあるわけではなく、また問題行動そのものの原因となっているわけではない。問題行動の原因は環境(子ども自身の生物学的環境を含む)の中に見つける事ができる。」

このあたりのことをしっかりと理解しておくと、発達障害の子どもの療育や教育の方法や内容の焦点化ができると思います。

関連ブログはこちらからどうぞ ⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« WEB本棚を作成しました。 | トップページ | 「調和」するということ »

関係書籍等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/40188978

この記事へのトラックバック一覧です: 行動変容法入門(二瓶社):

« WEB本棚を作成しました。 | トップページ | 「調和」するということ »