« 問題行動とは | トップページ | 通常学級の特別支援 »

問題行動に対する取り組みの基本

問題行動に対する取り組みの基本

校・園のスタッフが共通の認識を持ってチームで取り組むこと

 共有する認識  

  「~のせい」という悪者探しをしない。

  その行動が「問題行動」か、そうではないのかの吟味を優先する。

  問題の解決を優先し「様子を見る」等の先送りをしない。

  記録をとって客観的な評価をする。

  スタッフ同士の協力・連携。同僚性の発揮。

  保護者との信頼関係・連携の確立。

 問題行動の原因

  多くの場合「問題行動」と「その後の状況」との関係が大きく関係している。

 具体的には、「欲しいもの・してほしいこと」を獲得する場合と「したくないこと・逃れること」を行う場合の2つが考えられる。

          

ランキングに参加しています。関連ブログはこちらからどうぞ ⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 問題行動とは | トップページ | 通常学級の特別支援 »

通常学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/40965244

この記事へのトラックバック一覧です: 問題行動に対する取り組みの基本:

« 問題行動とは | トップページ | 通常学級の特別支援 »