« 発達障害の子を育てる家庭への支援 | トップページ | 立場に立つ »

診断名と切断操作

通常学級の先生の中には

「この子は~(診断名)だから」という言い方を口癖のようにいう人がいます。

ひどい時は

「うちのクラスの~(診断名)ちゃんは・・・」と、児童の名前の代わりに診断名を使うという大変無神経で無理解な場合もあります。

「この子は~(診断名)だからしかたがない」と、子どもの特性に対して何の手だても行わずに自己の努力不足・怠慢を正当化することになっている場合もあります。

社会学の用語に「切断操作」という言葉があります。

切断操作とは、「かつての未開な共同体では、疫病が起こったり不具が生まれたりすると、生け贄を捧げるなどの儀式をして、問題を「聖なる領域」に囲い込み、皆で安心するという操作がありました。僕たちの複雑な社会にも、実は似たような機能を持った操作があります。

例えば、訳がわからない事件が起こったときに、誰が悪いのか皆で考え、コイツが悪いんだって突き止めれば、カタルシス(感情浄化)が得られます。一般に、複雑な社会では、原因がわからないことが最も大きな不安要因になるので、是が非でも何かのせいにする。そういう操作を「帰属処理」と言います。

ところが、しばしば原因の帰属先として「異常なもの」が選ばれます。コイツは精神障害だとか、被差別民族出身(原文のまま)だとか。「異形なるもの」を作り出し、そこに原因を帰属させれば、共同体を手つかずで温存できます。普通の生活を送っている自分たちから見ると全然違う人たちなんだという「異形」のカテゴリーに押し込めれば、問題が自分たちの共同体の「外側」にあることになり、自分たちの共同体は問題から隔離されるんですね。こういう操作を社会学では「切断操作」と言います。」(はてなダイアリーよりhttp://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%DA%C3%C7%C1%E0%BA%EE

感情浄化のために子どもを犠牲にすることのないようにしたいものです。

ランキングに参加しています。関連ブログはこちらからどうぞ ⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 発達障害の子を育てる家庭への支援 | トップページ | 立場に立つ »

通常学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/41200434

この記事へのトラックバック一覧です: 診断名と切断操作:

« 発達障害の子を育てる家庭への支援 | トップページ | 立場に立つ »