« オランダへようこそ(原文) | トップページ | 「遊び」の指導(1) »

オランダへようこそ(訳文)

「オランダへようこそ」

アメリカのダウン症児のお母さんが親の会のパンフレットのために1987年に作った文章です。就学相談をしている中で多くの保護者の方の様々な思いを聞くたびに、この文章のことが浮かんできました。「受け入れ難い」思いを少しでも楽にしてあげられるのは、こんな文章なのかもしれません。

障害をもった子どもを育てた経験を話してほしいと頼まれることがよくあります。
障害をもった子を育てるというユニークな経験をしたことがない人が、それがどういうことかを理解できるように、またどのような気持ちだったかを想像できるようにと・・・
それは、こんな感じです・・・

赤ちゃんができたとわかった時は、イタリアへの素晴しいバカンスを計画しているような気持ちです。

あなたはガイドブックを何冊も買い、素敵な計画を立てるでしょう。
コロッセウム遺跡、ミケランジェロのダビデ像、ベニスでのゴンドラ・・・
旅に必要なイタリア語もいくつか覚えるでしょう。
準備のすべてが、とてもエキサイティングです。

こんな待ちわびた月日を過ごした後に、その日はついにやってきます。荷造りをして、そして出発するのです。何時間かたつと、飛行機は着陸します。CAがやってきて、こう言うのです。「オランダへようこそ。」

「オランダ?」とあなたは言います。「オランダってどういうこと??イタリア行きのチケットを買ったのに!イタリアに着いたと思ったのに。イタリアに行くのが、ずっと夢だったのに。」フライトプランは変更されてしまったのです。飛行機はオランダに着陸していました。あなたは、オランダで過ごさなければならなくなりました。

今、大事なことは、あなたは、恐ろしくて、いやな場所に連れて来られたということではないということです。ただ、ちょっと行先が違っていただけなのです。

だから、あなたは、街に出て新しいガイドブックを買わなければなりません。そして、新しい言葉を覚えなければいけません。今までなら出会わなかったいような人々に出会うことでしょう。

ただ、ちょっと場所が違っていただけなのです。

ここは、イタリアよりゆったりしたペースの、イタリアほど派手ではない所です。でも、何日かここで過ごし、深呼吸をして、まわりを見回すと‥‥ここには風車小屋があるのに気付き、そしてチューリップがさいていることにも気付きます、ここにはレンブラントの絵もあるのです。

あなたの周りのだれもが、忙しいイタリア旅行に行き、だれもが、イタリアでいかに素晴しい時間を過ごしたかについて自慢するでしょう。あなたはその後の人生の間中、「そう、そこが私が行こうとしていた所なんだ。」「それが私が計画していたことなんだ。」と言うでしょう。

そのような苦しみは、決して消えることはないでしょう。なぜなら、その夢がなくなってしまったのは、確かなことだからです。

しかし‥‥もし、あなたの人生をイタリアに行けなかったと嘆くことに費やすなら、あなたは、オランダでの特別なこと、とても素敵なことを自由に楽しむことは決してできないでしょう。

ランキングに参加しています。関連ブログはこちらからどうぞ ⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« オランダへようこそ(原文) | トップページ | 「遊び」の指導(1) »

関係書籍等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/42160089

この記事へのトラックバック一覧です: オランダへようこそ(訳文):

« オランダへようこそ(原文) | トップページ | 「遊び」の指導(1) »