« 検索フレーズランキング | トップページ | テストバッテリー VMIその2 »

スペクトラム

ひとりの子どもを、診断名や検査などの、ある枠組みを通してみると、そのすべてがわかったような気になることがあります。でも、その子どもの、想い、喜びや悲しみ、日々の生活は逆に見えにくくなることの方が多いのではないでしょうか。もちろんこれは、子どもに限ったことではないと思います。

すべての人はその人生の中で、心も体も健康であったり、調子を崩したりすることを経験します。ある意味、すべての人がスペクトラムの中で成長・発達しそして老い・死を迎えるといえます。そして、それが「普通」であるといえるのです。

スタンダードを求めることに汲々と必死になるのではなく、スペクトラムの中でそれを認めながら、よりよい穏やかな生活を求めて行きたいものです。

少し疲れたら、お気に入りの毛布をキュッと抱きしめて好きなところで横になってみてください。

そして、明日からは、スローに行きましょう。

読んでくれてありがとう!ブログランキングに参加しています。気に入っていただけたら、ぽちっとワンクリックお願いします。もっとポジティブになれるので ⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 検索フレーズランキング | トップページ | テストバッテリー VMIその2 »

考えたこと・心に残ったこと」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!音と風です♪

コメントありがとうございました!とっても嬉しかったです♪

それが「普通」・・・って、何だか重みが感じられますね。
誰しも、認めながら生きていくというのは、ある意味勇気のいることなのだと思いますが、・・・大切ですよね。

最後の明日からはスローに・・・という言葉、とってもホッとしました。焦っても良いことは・・・、ないですものね!
スローな気持ちで頑張りま~す♪

投稿: 音と風 | 2008年9月12日 (金) 00時24分

色々なスペクトラムがあります。
しかし、自身が客観的にそのスペクトラムの中に居るという自覚は可也年齢が経ってからのようです。
他者が全く分らず、砂を噛む想いが本人達のようです。
優しく接してあげる事が一番なのでしょうね。

投稿: Hbar | 2008年9月12日 (金) 18時53分

音と風さんコメントありがとうございます。

入院しているお子さんとかかわってみえると、時間の流れが一人ひとり違うことに気がつかれるかもしれません。でも、けっして焦らずに、スローな気持ちでがんばってくださいね。
私の兄は白血病で小学校5年生の時から3年間入院して他界しました。最後の1年間とても穏やかに優しく接してくれる一人の看護師さんに出会うことができて、幸せだったということです。
病院というところは辛いことも多いですが、「音と風」さんが文字通り、あたたかいsounds&windsを運んであげていると思いますよ。

投稿: BOGEY | 2008年9月12日 (金) 21時57分

Hberさんコメントありがとうございます。

本当におっしゃる通りだと思います。最近、発達障害に対する理解が深まっていると言われていますが、周囲の配慮が得られないために、二次障害を引き起こしているケースもたくさんあります。
本人の立場や気持を十分に配慮した接し方を心がけたいものですね。

投稿: BOGEY | 2008年9月12日 (金) 22時06分

こんにちは!音と風です♪

BOGEYさんのお兄様のこと・・・、色々大変だったこととお察し致します。
辛い経験にも関わらずお話して下さったことは、申し訳ないような気持ちと、話して下さったということに対する少しの嬉しさを・・・正直感じました。

ターミナル期に素敵な看護士さんとめぐり合えて、本当に良かったですね。ほんの一つの出会いが、その人自身に大きな意味を与え、力となることは素晴らしいと思います。

小5から入院ということは、BOGEYさんも辛い事や寂しい思いをたくさん経験されたのでしょうか・・・。
がんのこどもを守る会の方や、育療学会など色々なところで、病気のお子さんの‘きょうだい’に対する支援についてよく伺っています。

先日も、がんセンターに入院していたという保護者の方が、お子さんが亡くなってから‘きょうだい’に普通のことをしてあげられていなかった事に気づき、それからぶつかりあいながらも、頑張って今がある・・・とおっしゃっていました。

全員がそうであるとは思いませんが、BOGEYさんの理解の深さを納得できたような気がします。

・・・ところで、私は何にもできていませんよ~!
病気の子ども達から与えられてばかりです。
病院は確かに辛い所かもしれませんが、絶対にそれぞれ、面白いことや笑えることはある!と思って、これからも頑張りたいと思います♪

投稿: 音と風 | 2008年9月15日 (月) 16時52分

音と風さん、ありがとうございます。

「絶対にそれぞれ、面白いことや笑えることはある!と思って、これからも頑張りたいと思います♪」
そうですね、お互いに笑いあえることを大切にして毎日を送っていけるようにしたいものですね。

病院でのお仕事がんばってくださいね!

投稿: BOGEY | 2008年9月15日 (月) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/42447029

この記事へのトラックバック一覧です: スペクトラム:

« 検索フレーズランキング | トップページ | テストバッテリー VMIその2 »