« R入門 その1 | トップページ | R入門 その3 »

R入門 その2

R入門 その2

前回の補足:

seiseki2というCVSファイルの読み込みは

> 成績2 <- read.cvs("seiseki2.cvs")  です。

関数を作る:

Rではユーザーがオリジナルの関数を作ることができます。

function()という関数を使います。当然他の人の作った関数も使えます。

http://www.okada.jp.org/RWiki/?RjpWiki

にはたくさんの関数が紹介されています。

Rcmdrのインストール:

パッケージのインストールは「パッケージ」「パッケージのインストール」「CRAN mirror」は日本のミラー(Aizu,Tokyo,Tsukuba)のいずれかを選びます。「Package」のダイアログボックスから必要なパッケージをインストールします。

Rcmdr(Rコマンダー)はRにGUI機能を追加するパッケージです。SPSSほどではないにしてもマウス操作で分析ができるようになります。上記の方法で「Rcmdr」をインストールします。その後画面に従うと「Rcmdr」に必要な数十のパッケージをインストールします。数分かかりますが心配しないでください。

> library(Rcmdr)

でRコマンダーが使えるようになります。

次回は「データの解析」についてです。

読んでくれてありがとう!ブログランキングに参加しています。気に入っていただけたら、ぽちっとワンクリックお願いします。もっとポジティブになれるので ⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« R入門 その1 | トップページ | R入門 その3 »

理論・知見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/42498707

この記事へのトラックバック一覧です: R入門 その2:

« R入門 その1 | トップページ | R入門 その3 »