« 授業配慮と共に基礎トレーニングを Part2 | トップページ | AAPEPを学習課題に Part1 »

AAPEPを学習課題に Part0

AAPEPを学習課題に Part0

この記事は、これから始めるシリーズの序章です。

自閉症スペクトラム児に対する特別支援学級での指導内容については、様々な考え方があります。

交流学習を中軸にした指導

TEACCH・構造化を取り入れた指導

通常学級のカリキュラムをなぞった指導

ボトムアップ志向の指導

トップダウン志向の指導

PECSがメインの指導

ABAを応用した指導

コミュニケーションに重きを置いた指導

などなど・・・・

どれがベストかは一概には言えませんが、

いろんな組み合わせの可能性を信じて、

いいとこどりができればいいと考えています。

なによりも、子どもの、そして家族の生活がより穏やかで

毎日が楽しいものになるために、

どのような取り組み・支援・指導が必要か考えていきたいと思います。

AAPEPがキーワードになると私は考えていきます。

ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。もっとポジティブになれるので ⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 授業配慮と共に基礎トレーニングを Part2 | トップページ | AAPEPを学習課題に Part1 »

「生活スキル」学習」カテゴリの記事

自閉症スペクトラム児の療育・教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/42957694

この記事へのトラックバック一覧です: AAPEPを学習課題に Part0:

« 授業配慮と共に基礎トレーニングを Part2 | トップページ | AAPEPを学習課題に Part1 »