« 思春期・青年期の問題 | トップページ | 「キキミル」 »

幼稚園の先生からの電話

日曜日の朝早くから知り合いの幼稚園の先生から電話がありました。

「前年度受け持った子への対応について、それが適切であったかどうか」というような内容でした。巡回訪問で私も関わったことがあるお子さんでしたので、その時の様子も踏まえながら、就学前の段階でのあるべき関わり方を話し合いました。

その先生は丁寧にお母さんにもお父さんにも対応されており、進学先の小学校の管理職や養護教諭とも連絡を取られていたようです。

お子さん自身は小学校に入学してから慣れるまでに大変な困難にぶつかっていましたし、そのクラスの担任の先生もご苦労されていました。

ただ、変化は少しずつですが確実にやって来るものです。現在は、そのお子さんに対して「個別の介助・支援から離脱する方向」での取り組みが行われています。

低・中学年の時は他の子とのトラブルが絶えずに、大人に対しても挑発的な行為が多かった子が、高学年になったら、同じような行動に向かいやすい年下の子の面倒を見たり、落ち着けるように働きかけたりすることができるようになった。というようなケースも身近にあります。

「適切な対応や環境」と「少し長い目で見る」ことが大切なんだと思います。

そのためにも保育園・幼稚園と小学校、小学校と中学校の連携の強化は欠かせないといえます。

保護者に対する支援のあり方については、園・学校と保護者との関係性が大きく影響します。少しずつ信頼関係を築いていく努力をしなければ共同して取り組むことはできません。この子はこんなところで「困っている」からこうしていこうという共通認識・理解をきちんと持てるように園・学校が努力する必要があると思います。

ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。もっとポジティブになれるので ⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 思春期・青年期の問題 | トップページ | 「キキミル」 »

発達相談室」カテゴリの記事

コメント

キキミルへのコメントありがとうございます
こちらのブログも何回か見に来たことあります(^^;)

いろいろと勉強を始めようかと思っておりますが、
まだまだ解らないことばかりですので、
いろいろ教えてくださいね。
今後ともよろしくお願いします

投稿: miru | 2009年1月22日 (木) 13時00分

miruさん、コメントありがとうございます!
これからよろしくお願いします。
こちらこそいろいろ教えてくださいね。
次の記事はmiruさんのサイトについて書かさせていただきます。

投稿: BOGEY | 2009年1月22日 (木) 19時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/43775922

この記事へのトラックバック一覧です: 幼稚園の先生からの電話:

« 思春期・青年期の問題 | トップページ | 「キキミル」 »