« 遊びのSST(1)  「ひとり遊び」からの出発  | トップページ | 遊びのSST(3) 「ルールズ」    »

遊びのSST(2) 「いれて・いいよ」スキル   

遊びのSST(2) 

「いれて・いいよ」スキル   

友だちと一緒に遊ぶためには、遊びに「入れてもらう」スキルと「誘う・入れてあげる」スキルが必要です。

友だちと遊ぼうとするとき、自分たちの遊びに誘うときには 「あそぼう!」「~しよう。」「はいって。」が言えれば十分です。

また、友だちに誘われたとき、遊べる時は問題なく「うん、あそぼう!」でOKです。

でも、遊べない時・遊びたくない時は、「あとでね。」「またこんどね。」「今、~してるから。」などの上手に断るスキルも身に付けておきたいものです。

誘われて断ることができないために無理をしている子。上手に断れなくてうまく友だちができない子、友だちとケンカをしてしまう子もみかけられます。

できるだけ相手の気持ちを思いやった言い方で断れるようにトレーニングをすることはとても大切です。

(これは、思春期・青年期になっても必要なスキルです。私はたくさんの「ヤンチャ君」たちに逸脱行為・違法行為に友だちから誘われた時には「無理、無理、オレ、これ無理!」と言ってその場から逃げるスキルを教えてあげていました。)

友だちの遊びに加わりたいときは、「いれて」「まぜて」と言えればいいですが、その時に「順番は最後にする。」「鬼になる。」「守備からはじめる。」などのひかえめな態度で参加することができるようにしたいです。

遊びからぬける時は「ばいばい」だけでなく「時間になったから、悪いけど先に帰るね。」「とっても楽しかった。」「また、あそぼうね。」などと言えるようになってほしいです。

遊びのSST(3) 「ルールズ」スキルに続く

ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。もっとポジティブになれるので ⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

   

|

« 遊びのSST(1)  「ひとり遊び」からの出発  | トップページ | 遊びのSST(3) 「ルールズ」    »

通常学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/43689136

この記事へのトラックバック一覧です: 遊びのSST(2) 「いれて・いいよ」スキル   :

« 遊びのSST(1)  「ひとり遊び」からの出発  | トップページ | 遊びのSST(3) 「ルールズ」    »