« 「人生いきてるだけでまるもうけ」 | トップページ | 娘からの電話 »

大藪秦氏の「共同注意」論

大藪秦氏は、共同注意について3つの分類を行っている。そのひとつに「構成形態からの分類」がある。

「構成形態からの分類」では

1 前共同注意:「情動の通底的(基本的なところで共通する)現象」と「新生児模倣」

2 対面的共同注意:視線が合う、見つめ合うことができる。生後2か月から6か月に出現。

3 支持的共同注意:相手の視線がどこを向いているのかを追跡して、同じ方向を見たり、対象物を注目したりする。このことにより対象を注目することを獲得する。5・6か月以降出現

4 意図共有的共同注意:支持的共同注意における三項関係をより緊密なものにして、大人の見ている対象物に興味を持つだけでなく、どのように大人が対象物と関わっているかを見てそれを模倣しようとする。この時期に身振り(指差しなど)を使って大人の注意や行動を要求しようとし始める。9~12か月

5 シンボル共有的共同注意:言語的シンボルの使用。対象物だけでなくそれを表現するシンボルを大人と共有できるようになる。15~18か月

の5段階があるとされている。

この分類を参考に、子どもの「共同注意」の発達レベルが現在どこにあり、支援のスタートをどこからはじめるべきなのかを明らかにしていくことは有効だと思います。

支持的共同注意前後の段階のお子さんに必要なことは、やはりバーバル(音声言語)は補助的なものにして、写真や絵カードなどを用いて、互いの共同注意を確認し合えるような活動が大切であるといえます。


ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。もっとポジティブになれるので ⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ


|

« 「人生いきてるだけでまるもうけ」 | トップページ | 娘からの電話 »

理論・知見」カテゴリの記事

コメント

 はじめまして。興味深く読ませていただきました。
 言葉を持たないお子さんに、数字のマッチングをしたり、なぞり書きをさせたりしているのが、現場の実態でもあります。それは違うんじゃないかとやめると、『指導の怠慢』と糾弾されたりなんかして・・・。こうした科学的根拠を基にして、コミュニケーションの支援を考えていくこと、とても大切と思います。三項関係のこと、これからも勉強させてください。

投稿: hige | 2009年2月15日 (日) 10時25分

higeさんはじめまして!
私は地域特別支援教育コーディネーターとして昨年4月から仕事をしています。実は昨年からhigeさんのブログをよく拝見して参考にさせていただいていました。このようにコメントいただけて大変光栄です。
higeさんが書かれているようなことを実は私も最近考えていました。お子さんの「認知課題」を積み重ねていくだけではそのお子さんの生活にフィードバックされるものが十分ではないのではないか、自己決定や意思表示の方法のトレーニングと一緒にできないものだろうかと考えていたのです。
どうかこれからもよろしくお願いしますね。

投稿: BOGEY | 2009年2月15日 (日) 11時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/44063578

この記事へのトラックバック一覧です: 大藪秦氏の「共同注意」論:

« 「人生いきてるだけでまるもうけ」 | トップページ | 娘からの電話 »