« スタンスの違い | トップページ | 「クレーン」について »

教師のパフォーマンス

パフォーマンス:大辞泉では
1 演劇・音楽・舞踊などを上演すること。また、その芸・演技。
2 身体を媒介とした芸術表現。演劇などのほか、特に現代美術での表現をさしていう。
3 人目を引くためにする行為。
4 性能。機能。また、効率。
とあります。

ある研究発表会で講師が「教師のパフォーマンス」が大切というような話をされました。
私はこの「パフォーマンス」を4番目の意味で使うことが多くあります。
自分のためではなく、子どもたちのための「教師のパフォーマンス」を高めるためにはどうしたらよいのでしょう?

「子どもとのやり取りが上手な教師」「子どもを見るまなざしがあたたかい教師」 「子どもが安心して自然と心を開いていく教師」は年齢・経験に関わらずいるものです。学校訪問していると、1年目の非常勤講師の先生でも本当に感心するほど素晴らしい先生に出会うことがあります。(もちろんその逆もあるのですが・・・)

「うまくやっていける教師とそうでない教師の違いはどこにあると思いますか?」
と最近いろんな人に聞いています。

「なんだろう、『なにくそ』って思える人かな」と、とてもしなやかな感性をもった先生が答えてくれます。
「それは、どう生きてきたかやね」と、大ベテランの先生が教えてくれます。
「まずは人の話が聞けることかな」と、指導教官をしていた先生が話してくれます。

先ほどの講師の先生は
「シングルフォーカスにならないこと」と「自分の笑顔を鏡で見る」ことを強調していました。

うまくいかないときは自信がなくなったり、周りの目を意識して傷ついたりすることもあります。
そこから巻き返していくためには・・・

「まずは、とにかくやってみよう」という実行優先のポジティブさを教師が持つことが大切だと思っています。


ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。もっとポジティブになれるので ⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« スタンスの違い | トップページ | 「クレーン」について »

考えたこと・心に残ったこと」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。昨年の11月頃から拝見させていただいています。今春小学校にあがる息子がアスペルガー症候群です。勉強になります。かれからもお邪魔させてもらいますね♪

投稿: きつね | 2009年2月10日 (火) 18時45分

きつねさん
はじめまして!コメントありがとうございます。
息子さんのご入学もうすぐですね!おめでとうございます。
私は今、小学校に勤務していますのでなにかお役にたてる
ことがありましたら遠慮なく言ってくださいね。メールでもOKですから。


投稿: BOGEY | 2009年2月10日 (火) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/43996224

この記事へのトラックバック一覧です: 教師のパフォーマンス:

« スタンスの違い | トップページ | 「クレーン」について »