« 100均ショップは宝の山 | トップページ | コミュニケーションの本質 »

最初のコミュニケーションボード

Wb1

「100均グッズ」によるコミュニケーションボード第一弾です。

最も基本的な機能の「はい・いいえ」ボードです。ホワイトボードのいいところは、マグネットも使えるし、ペン書きもできるということです。
もちろん、15cm×25cmのハンディサイズなので持ち運びもOKです。黒い線はビニールテープを細く切って貼りました。

写真のカードは「コミュニケーションブック・ボードを作ろう」の記事でリンクさせていただいた横浜市のサイトのボードを利用しました。カードはラミネートして、裏にマグネットシートを付けると完成です。

使用法はゆっくりとした声かけと共に、「はい・いいえ」を指差すことを促します。
基本的な要求からはじめて、徐々に「~したいカード」を増やしていくといいと思います。
これを「子どもへの指示・命令には使わない!」ことを基本としてください。そのような目的で使うと、きっとこのボードを好きになれなくなると思います。もしかするとせっかく作ったボードをどっかに投げちゃうかもしれませんので・・・

ブログランキングに参加しています。もっとポジティブになれるので、ワンクリックお願いします。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 100均ショップは宝の山 | トップページ | コミュニケーションの本質 »

支援学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、Tomです。

 この記事の「命令には使わない。」大事ですよね。どうも我々は言うこときかす道具として視覚媒体を使う傾向があり、気をつけなければなりません。
そういえば今年度、幼児期むけに「支援ツールをつくろう」という研修を数回実施しました。幼児期の支援現場は支援に対するとりくみは熱心になり、かなり面白い支援ツールをつくっている園もありました。ただ気になったのは、皆、大人がカードをいちいち見せて提示する道具として使用し
ていることです。こどもがそれを見て能動的に、行動的に、選択的に行動するようには用いていなかったのです。まだ「見せればいい」という表面的な理解なのかもしれません。
それからこどもの思いをきくツールとしても使用にもまだなっていない気がします。
このあたりもまだまだ啓蒙期と感じる所以です。

失礼しました。

投稿: Tom | 2009年3月30日 (月) 05時03分

Tomさんとても大切なことを教えていただくコメント本当にありがとうございました。

このコメント記事の方で紹介させていただいてもよろしいですか?

投稿: BOGEY | 2009年3月30日 (月) 23時36分

すいません。
考えてみるといつもBOGEYさんの話題をお借りして自分のいいたいことを書いていますね、私。
お詫びのしるしにお役に立つのなら記事に使って
ください。

投稿: Tom | 2009年3月31日 (火) 05時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/44508014

この記事へのトラックバック一覧です: 最初のコミュニケーションボード:

« 100均ショップは宝の山 | トップページ | コミュニケーションの本質 »