« 「おもちゃ」の活用 | トップページ | 「大人の発達障害」 »

本人が「困っている」こと

巡回相談で、担任の先生に「この子が困っていることは何だと思いますか?」と聞くことがあります。
そういうときに、多い答えが「この子は困ってないと思います。」です。
理由は指示を聞こうとしていないし、授業中に好き勝手なことをしているから。

それらの子は本当に「困っていない」のでしょうか。
子どもの得意なこと、不得意なことをきちんと見分ける。
周りの子との関係をどのように調整していくか。
学校生活のなかでの課題はなにか。
自己評価はどの程度であるか。

一つ一つ確かめていくと、その子の課題が見えてきます。
課題をきちんと明らかにするところから、取り組みは始まります。


ブログランキングに参加しています。もっとポジティブになれるので、ワンクリックお願いします。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ


|

« 「おもちゃ」の活用 | トップページ | 「大人の発達障害」 »

通常学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/44949198

この記事へのトラックバック一覧です: 本人が「困っている」こと:

« 「おもちゃ」の活用 | トップページ | 「大人の発達障害」 »