« 自閉症児の挑戦! | トップページ | 「自閉症児のための明るい療育相談室」 »

betterをねらっていく

はじめにお断り、これは「独りごと」です。

betterをねらっていくということは、
bestをねらわないということになるかもしれない。

しかし、bestに遠大な計画を立て、膨大な労力を傾けるよりは
ちょっとした工夫でbetterをねらう・・・

この方が効率的かもしれない。
子どもさんにとっても楽かもしれない。

限られた条件を嘆くよりは、
限られた条件のせいにするよりは、
できるだけ今の条件でbetterをねらっていく。

そういうスタンスで
restart
そう、スタートは何回あってもいいものね。

クリックしていただくと、私が元気になる仕組みになっています。↓ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ


|

« 自閉症児の挑戦! | トップページ | 「自閉症児のための明るい療育相談室」 »

考えたこと・心に残ったこと」カテゴリの記事

コメント

すごく納得。というか、「そうだなぁ…」としみじみ思ってしまいました。
もちろんベストをねらうことは理想だし、そうなるにこしたことはないと思います。でも、自分達と子ども達のお互いの思いが少しずつ近寄っていくことがまず大事というか…そんな気がしました。
”こうあらなければ、こうしなければ”という思いにこりかたまりすぎると、子どもにも負担だし、自分達も冷静に対応できなくなると思います。ベターを積み重ねてベストに近づけるといいですよね。 

投稿: ゆー○ん | 2009年6月10日 (水) 23時00分

コメントありがとうございます!
私たちの「こうあらねば」のこだわりを、子どもたちの「こうありたい」へシフトすることがとっても大切なんですよね。
できているところとまだまだのところをしっかり確かめながら取り組んでいきたいものですね。

投稿: BOGEY | 2009年6月11日 (木) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/45289710

この記事へのトラックバック一覧です: betterをねらっていく:

« 自閉症児の挑戦! | トップページ | 「自閉症児のための明るい療育相談室」 »