« 「自閉症児のための明るい療育相談室」 | トップページ | IEPを身近なものに »

アドバイスを受けるということ

自分自身でこうした方が良いと思っていても、一直線にそれに向かっていくことができないときがあります。
そんな時は、いつもはアドバイスする側にいるとしても、アドバイスを受けることがとても大事だと実感しています。
助言してくれる人は丁寧に話を聞き、とても温かいアドバイスをしてくれます。
自分の考えと同じことをアドバイスされたら、「そうか、やっぱり間違っていなかったんだ」と勇気がわきます。
ちがうアプローチのしかたをアドバイスされたら、「なるほど、それもやってみよう」と元気が出ます。
いっぱい聞ける謙虚さと、いっぱい聞いてもらえる専門性をこれからも身につけていきたいと思いました。

P.S. 話していて、いつも「いいですねえ」とほめてもらえるのはスタッフについてです。スタッフに恵まれていることを、うんと感謝しています。

クリックしていただくと、私が元気になる仕組みになっています↓ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 「自閉症児のための明るい療育相談室」 | トップページ | IEPを身近なものに »

考えたこと・心に残ったこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/45308732

この記事へのトラックバック一覧です: アドバイスを受けるということ:

« 「自閉症児のための明るい療育相談室」 | トップページ | IEPを身近なものに »