« 進路指導・支援について | トップページ | ラポート »

「普通」のマナーを身につけること

就労をゴールとした時、本当のゴールとは、「職場でもその人らしさをなくさずに、そこでずっと働くことができる。」ことであると思います。

前回の記事で紹介した会議で、就業・生活支援センターの所長さんが「ごく普通のマナーを身につけていることも大切です」と話されました。あいさつをはじめとする日常のマナーが身についていると就労が定着しやすいということです。このことは確かにそうだろうと納得できます。しかし、自閉症スペクトラムやコミュニケーション障害をもった人の場合はどうでしょう。
うまく人と関わることができないからこそ「困っている」人たちはたくさんいます。
作業はきちんとできるのに、職場でのコミュニケーションが苦手という人も多くいます。

職場がその人の特性に応じた工夫や配慮を行うことができれば、就労率や定着率も今以上に上がっていくと思います。かなり前の記事で紹介したことのあるNTNの「夢工房」では、職場全体で視覚支援の配慮がありました。また、本人が作業しやすいようなジグを同じ職場で働くエンジニアが作ってくれたという話も聞きました。そして、本人用のカームダウンスペースまで作ってくれてたとのことでした。
ここまでは望めないとしても、周囲の理解が「そこでずっと働くことができる。」条件を作っていくことは確かだと思います。
もちろん「普通」のマナーを身につけることも大切ですし、コミュニケーションの能力を高めることも必要です。ただこれらを『就労の必要条件』として位置付けることはやめてほしいと思います。

また、この国の経済状況が障害や特性を持った人たちの就労に大きく影響していることは確かです。しかし、「不況だから仕方ない。」とあきらめるのではなく、すべての人が安心して働き、暮らすことができる福祉政策を求めていくことも大切だと思います。


クリックしていただくと、私が元気になる仕組みになっています にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ


|

« 進路指導・支援について | トップページ | ラポート »

自閉症スペクトラム児の療育・教育」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
就労についてはBOGEYさんに同意見です。
まだまだ圧倒的にこっちが合わせることを求められることが多く、特性にあった就労はちっとも行われていません。もはや構造化は基本と思いますが、そんなの遠い世界のようで…
どの分野でもまだまだ啓蒙期。

投稿: Tom | 2009年7月 1日 (水) 04時53分

TOMさんこんにちは。
日本でもやっとジョブコーチについても話題になるようになってきましたが、職場に対する支援や助言を行う組織がほとんどないのが現状のようですね。岡山県のような先進的な地域の取り組みが広がってくれることを願っています。

投稿: BOGEY | 2009年7月 1日 (水) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/45494422

この記事へのトラックバック一覧です: 「普通」のマナーを身につけること:

« 進路指導・支援について | トップページ | ラポート »