« 「ちょっとひとやすみ」させてあげること | トップページ | 音楽療法 »

見通しがもてること

子どもたちが待ちに待ったプールが始まりました。
支援学級のプールは3時間目。1時間目は支援学級での音楽、2時間目は交流学級での図工です。
支援学級の黒板にはAさん用の大きめのスケジュールボードがあります。
朝、プールバッグをもって嬉しそうに教室に入ってきたAさんに、担任はきちんとボードでスケジュールを伝えます。
「プール!」と言って待ち切れなさそうにしているAさん。
朝の会が終わった後、1時間目が終わった後、2時間目が終わった後、担任は携帯用のスケジュール(実は担任が名札と一緒に首からかけているメモ)のそれぞれの項目を線で消し、花丸を書きます。
「がんばったねー、次は~だよ」
きちんと見通しが持てると待つことができます。それまでの活動もうまくいくことが多いようです。
プールのようなとても好きな活動を「がまんさせながら待たせる」のと「見通しをもって、それまでの活動に取り組ませる」のではずいぶん違います。
子どもたちにとって「あるとうれしい」スケジュールをきちんと作っていきたいと思いました。

↓クリックしていただくと、私が元気になる仕組みになっています にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 「ちょっとひとやすみ」させてあげること | トップページ | 音楽療法 »

支援学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
とにかく「わからない」ことが不安なうちのスペクトラム娘(小5)にとって、見通しを持てるというのは目の前に具体的に道が開ける感じなのか、目で見て確認できると大変安心なようです。これまで大きな行事を乗り越えてこれているのは担任の先生のご尽力のおかげなのだなぁ・・と読ませていただいて、あらためて、感じました。

今日、娘が家で話したのですが、大変丁寧に担任の先生が説明してくださるのですが、説明の途中で「これがこうで」「はい」。「そしてこうなって」「はい」。と「はい」を連呼しているうちに、最後に「わかりましたか?」と聞かれた時に、それまでの「はい」の連呼の続きで、わかってなくても、口が勝手に「はい」って言っちゃう・・。ことに困ってるそうです。
本人が語るまで(当たり前ですけど)気づきませんでした。担任の先生にもお伝えしなきゃ・・です。(^-^;

投稿: ダッチェ | 2009年6月16日 (火) 21時45分

ダッチェさんコメントありがとうございます。
マシュさんの「はい」。これって結構どの子にもありそうですね。
とりあえず「はい」を言っとくと、教師は安心するものだからです。
子どもが「本当に理解しているのか」をきちんと把握して、「本当に理解できる」ような手立てを用意できるよう頑張っていきたいと思っています。
担任の先生とどんなことでも話せる関係が一番です。しっかりと伝えてあげてくださいね。

投稿: BOGEY | 2009年6月16日 (火) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/45351803

この記事へのトラックバック一覧です: 見通しがもてること:

« 「ちょっとひとやすみ」させてあげること | トップページ | 音楽療法 »