« 「在籍」がどこであろうと | トップページ | 70000のクリックにありがとう! »

「こころね」はみんないっしょ

以前の記事でも「気持ちはどんな特性があろうとかわらない。」というような記事を書きましたが。
今日はとっても素敵な出来事にであいました。

「心根」(心の奥底。本当の心。真情。)はみんないっしょ・・・

今日は終業式でした。
登校すると、いつもは運動場に遊びに飛んでいくお子さんが、今日は感覚統合やリトミックをしている教室にいって、担任の私を待ってくれていました。
「いっしょにあそんで!」彼の表情からその気持ちがありありとうかがえます。
うんと一緒に遊んでから終業式に参加しました。
一学期最後の勉強もしっかりとして、ご機嫌でした。
でも、交流学級でいよいよ「さようなら」というときに、泣き出しそうになってきました。

一学期の終りがお子さんにははっきりと感じられたのでしょう・・・

発語があってもなくても、うまく自分の要求が表現できてもできなくても、
「気持ち」や「こころね」は変わらないのです。
いや、もしかすると「定型発達」と呼ばれている子たちよりも深いものがあるのかもしれません。

関連ブログはこちらからご覧になれます⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 「在籍」がどこであろうと | トップページ | 70000のクリックにありがとう! »

支援学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

再びこんにちは♪


‘発語があってもなくても、うまく自分の要求が表現できてもできなくても、「気持ち」や「こころね」は変わらないのです。いや、もしかすると「定型発達」と呼ばれている子たちよりも深いものがあるのかもしれません。’


このお言葉が、何だかとっても心に響きました。

この1学期は、ある院内学級で 発語のないお子さん、発語があっても 上手く思いが伝わらないお子さんと接していました。

もっと良い関わり方があったのではないかなぁ・・・と反省するばかりです。

いろんな思いを感じ取れるよう もっと努力していきたいなぁ・・・と思います♪

投稿: 音と風 | 2009年7月18日 (土) 20時50分

こちらの記事にもコメントいただき感謝です!

重度の重複障害のお子さんの療育にかかわった時期があります。
その時に、このお子さんには「羊水の中のような環境」がもっとも刺激が少ないと担当の先生がおっしゃっていたことを覚えています。
でも、そのお子さん歌を聴いている時に、とても穏やかな表情になっていることに気付きました。

こちらからの適切な関わり方を重ねていくことが、伝えあうための第一歩なんでしょうね!

投稿: BOGEY | 2009年7月18日 (土) 21時21分

羊水のような環境ですか・・・。

心にとめておきますね!


私が接しているお子さんの中には、適応障害(小学5年生)などのお子さんも多いのですが、こういうことは言わない方が良いかも・・・という発言をそのお子さんがした時など ある程度こちらから 「こうした方が良いかも・・・?」と助言した方が良いのか みているだけの方が良いのか迷うことがあります。

担任の先生は 受け身で・・・ということが多いので合わせていますが、それが良くないこととして本人が把握しないまま過ごしてしまうのではないかなぁ・・・と 思ってしまうこともあるんです。

でも私は週に一度(こちらの院内学級では)音楽ではなく、サブで入っているだけなので、情報も少なく難しいなぁと思っている所です。

自分の感情を上手くコントロールできないのは、きっと本人もつらいのだろうな・・・と感じることが多くありました。

私は勉強不足だな・・・と痛感しています。


あ!先ほど、学会のことなどについてメールさせて頂きました。

ではまた♪

投稿: 音と風 | 2009年7月18日 (土) 22時28分

『心根』・・・いい言葉ですね。
 突然泣き出したり、自分や周りを叩いているお子さんのことを、ボク等は『パニック』という言葉で括ってしまいがちです。
 どうして悲しいのか?
 何に対して怒っているのか?
 真摯に見つめる仕事をしてていきたいですね。

投稿: hige | 2009年7月19日 (日) 17時23分

higeさん、コメントいただき光栄です。

ホントにそうですね、
お子さんの行動をつねに真摯に見つめて行きたいものですね。

投稿: BOGEY | 2009年7月19日 (日) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/45662127

この記事へのトラックバック一覧です: 「こころね」はみんないっしょ:

« 「在籍」がどこであろうと | トップページ | 70000のクリックにありがとう! »