« 「普通」のマナーを身につけること | トップページ | 「こだわり」をどうとらえるか »

ラポート

「ラポート(ラポール)」とはカウンセリングなどで,面接者と面接対象者との間につくる親和的・共感的関係。という意味だそうです。
学校での支援者と子どもさんとの関係でも、この「ラポート」がとても大きな意味をもつものだと最近感じています。
一日の生活の中での長い時間を一緒に過ごす支援者とお子さんのラポートが良好であれば、その支援はより充実したものになると思います。
ラポートが成立した支援者と楽しい時間をすごしている時、発語が大変増えることがあります。
また、自分のしたいことを認めてくれる支援者のいうことはきちんと聞き入れられる。こんな場面にもたくさん出会いました。
とても混乱していても、この人の近くにいるだけで安心できる。そんな支援者もみえました。

「今の子どもの姿を肯定的に捉え、その良さを伸ばしていく。」
日々の実践のなかでこのスタンスを堅持することはとても難しい場合もありますが、少なくとも「NO」を減らしていく努力を惜しまないようにしたいと思っています。


クリックしていただくと、私が元気になる仕組みになっています にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 「普通」のマナーを身につけること | トップページ | 「こだわり」をどうとらえるか »

支援学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/45511582

この記事へのトラックバック一覧です: ラポート:

« 「普通」のマナーを身につけること | トップページ | 「こだわり」をどうとらえるか »