« 物理的構造化 | トップページ | 「楽しい感覚・運動あそび」 »

子どもの特性を知るアセスメントと指導・支援

「子どもの特性を知るアセスメントと指導・支援」  中尾繁樹著 明治図書 1800円

巡回相談も行っている大学の先生の著作です。

第2章「学校でよくみられる問題と背景」では、かなりこまかい背景要因が紹介されています。
第3章「学校でできるアセスメント」では、インフォーマルなアセスメント(簡単にいえば観察)として姿勢・聴覚認知・視覚認知・コミュニケーション・身体イメージなどを紹介しています。また、ソフトサイン(神経学的なサイン)を観察やテストバッテリーに利用するということを紹介しています。
それ以降の章では、座席表を利用した児童の観察や担任の先生へのアドバイスなど具体的な事例も書かれています。
巡回相談等の業務をされている方には大変参考になるものですし、校内の特別教育支援体制を一段階レベルアップするためにももってこいの本だと思います。


ブログランキングに参加しています。もっとポジティブになれるので、ワンクリックお願いします。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ


|

« 物理的構造化 | トップページ | 「楽しい感覚・運動あそび」 »

関係書籍等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/45813677

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの特性を知るアセスメントと指導・支援:

« 物理的構造化 | トップページ | 「楽しい感覚・運動あそび」 »