« 「教師冥利」 | トップページ | 自立課題の作成 »

就学までに・・・

保・幼の特別支援保育の研修会に参加しました。
レポート発表の後、支援内容や保護者支援のありかたについての話し合いが行われました。
年長児を担当されている先生方が一番気になっていることは、「就学までにどのような力を付けていくべきか」ということでした。
私は、「小学校に向けてどのような力を付けるかという観点ではなく、その子の発達段階に応じた活動を豊かに行うことが就学までに必要だと思う。」というようなお話をさせていただきました。
「ここまでできていないといけない」というようなボーダーラインを作ることは、お子さんにとっても、支援者にとってもしんどいことですし、本来の育ちを保障するものではないと思います。

また、支援の工夫についても話がされました。どの園でもとてもていねいな声かけや配慮がされていることは分かりましたが、まだまだ「声かけ」が中心のようでした。そこで視覚による支援の方法についても紹介させていただきました。

ブログランキングに参加しています。もっとポジティブになれるので、ワンクリックお願いします。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 「教師冥利」 | トップページ | 自立課題の作成 »

臨床発達心理士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/45956000

この記事へのトラックバック一覧です: 就学までに・・・ :

« 「教師冥利」 | トップページ | 自立課題の作成 »