« 子どもにとっての「社会性」 | トップページ | 「やりとり」の学習 »

自閉症スペクトラム学会にて

8月29・30日の2日間 福井県立大学で行われた「日本自閉症スペクトラム学会第9回研究大会」に参加しました。

神尾陽子さん(国立精神・神経センター)の大会記念講演から、学会企画シンポジュウム、自主シンポジュウム、ポスター発表まで大変内容の深いものが多くありました。
私自身は2年ぶりの大会参加でしたが、支援学級の担任としてより具体的な観点で学べたと思います。またフロアからの質疑にもできるだけ参加しました。
この学会で知り合った秋田県の ふさ子・ボーンさん(人間行動学)にも再会できました。また、在宅支援としての自宅の構造化を発表された、中谷正恵さんからも貴重なアドバイスをいただきました。

最新の自閉症研究や脳科学からLD児への学習指導、通常学級での特別支援まで、このブログで記事にしたいことは山ほどあるのですが・・・
2学期からの取り組みの準備の方が優先です!

「知は力」
そして、知ることによって「勇気」も もらってきました。


ブログランキングに参加しています。もっとポジティブになれるので、ワンクリックお願いします。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 子どもにとっての「社会性」 | トップページ | 「やりとり」の学習 »

自閉症スペクトラム児の療育・教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/46072986

この記事へのトラックバック一覧です: 自閉症スペクトラム学会にて:

« 子どもにとっての「社会性」 | トップページ | 「やりとり」の学習 »