« 発達における「主体性」 | トップページ | 100円ショップで教材作り »

「うぬぼれる脳」鏡の中の顔と自己意識

「うぬぼれる脳」鏡の中の顔と自己意識  
ジュリアン・ポール・キーナン著 NHKBOOKS 1260円

脳科学は今一番ホットな学問かもしれません。
本書はチンパンジーが鏡の中の自己を意識するという実験の結果からスタートし、
自己認知の発達過程や「心の理論」に話題を展開していきます。
セルフ・アウェアネス(自己への気づき)と脳の機能の関係や人の意識や感情についてまで脳科学としてのアプローチを行っています。(自閉症やアスペルガー症候群についても少し言及していますが、残念ながら本格的なものではありません。 )

最近の発達心理学が脳科学の成果を参考にしたものになりつつあることは歓迎すべきことなのでしょう。


ブログランキングに参加しています。もっとポジティブになれるので、ワンクリックお願いします。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 発達における「主体性」 | トップページ | 100円ショップで教材作り »

関係書籍等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/45909314

この記事へのトラックバック一覧です: 「うぬぼれる脳」鏡の中の顔と自己意識:

« 発達における「主体性」 | トップページ | 100円ショップで教材作り »