« コミュニケーションの支援について | トップページ | 「見る・聴く」力 »

モチベーション

カードによるコミュニケーションの練習をしています。
「好子」としてクーピー(カラーペンシル)を使用しました。カードを支援者に渡してクーピーをもらう練習です。
カードをお子さんから離す→支援者が離れる→支援者が反対方向を向く
など順調に練習はレベルが高まっていきますが、何回か行っていると明らかにモチベーションが下がってきます。

お子さんの前にはクーピーでいっぱい描かれている紙があります。プロンプターを務めている私が新しい紙を渡したところぐんとモチベーションが上がり、より確実な行動が見られました。

このことから、お子さんの現在の興味や現在の状態がコミュニケーションに大きくかかわることがわかります。
生活の中で「やりたい」「たのしい」「おもしろい」と感じられるものがたくさんあることが、もっとも大切なコミュニケーション行動の原動力であると思いました。

ブログランキングに参加しています。もっとポジティブになれるので、ワンクリックお願いします。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« コミュニケーションの支援について | トップページ | 「見る・聴く」力 »

支援学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/46111874

この記事へのトラックバック一覧です: モチベーション:

« コミュニケーションの支援について | トップページ | 「見る・聴く」力 »