« 小児高次脳機能障害について | トップページ | のどかな秋晴れ »

ナイスアシスト part2

広汎性発達障害(PDD)のお子さんで次の活動場面に移ることに大変抵抗感を感じるお子さんが見えます。
特に年に1回のような学校行事には、参加したいという気持ちがあってもなかなか思いきることができないことがあります。
不安や緊張が強い時に起こす行動が、ややもすると「自分勝手」や「ふざけている」ようにも見えることもあります。また、かたくなに拒み続けることもあります。
「がんばりが足りないからだ。」と今まで指摘されていたことが余計に心にブレーキをかけている場合もあるようです。
なんとか参加できるように話していると、「相棒」がデジタルのキッチンタイマーを持ってきてくれました。
それから、たった2分で席をたてたAさん。
きっと、タイマーのベルが「行きたい気持ち」の背中を押してくれたのでしょう。

私にとってもAさんにとってもナイスアシストでした。


ブログランキングに参加しています。もっとポジティブになれるので、ワンクリックお願いします。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ


|

« 小児高次脳機能障害について | トップページ | のどかな秋晴れ »

支援学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/46599709

この記事へのトラックバック一覧です: ナイスアシスト part2:

« 小児高次脳機能障害について | トップページ | のどかな秋晴れ »