« ビデオで記録 | トップページ | ナイスアシスト part2 »

小児高次脳機能障害について

小児高次脳機能障害のお子さんの支援については、あまり話題になることがありません。
私は通常学級で墜落事故による大きなダメージを脳に受けたお子さんを担任したことがあります。
発達障害児への指導と重なる部分とそうでない部分の見極めが大切だと思うのですが、基本は「今の子どもの姿」を大切にすることです。
もしかすると「折れ線系」のお子さんを指導・支援することと似ているかもしれません。
おやごさんや周りの子どもたちの評価を高めることは本人の自己評価を高めることになります。
「できる・できない」という評価ではなく、「過程」を大切にすること。
本人の意欲と友だちとの関係をどう育んでいくか。
このあたりがとても大切だと考えています。


ブログランキングに参加しています。もっとポジティブになれるので、ワンクリックお願いします。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ


|

« ビデオで記録 | トップページ | ナイスアシスト part2 »

発達相談室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/46592919

この記事へのトラックバック一覧です: 小児高次脳機能障害について:

« ビデオで記録 | トップページ | ナイスアシスト part2 »