« 「最後の授業」 | トップページ | 何を伝え、何を共有するのか »

ちゃんとわかっている

コミュニケーションに「障害」がある。とか、認知に「偏り」がある。
などとよく説明される自閉症スペクトラムの子どもたちです。

しかし、誰が自分のことを理解してくれて、誰がそうでないのかをきちんとわかっていることに気づかされる毎日です。

どんなに混乱していても、この人のそばにいると落ち着くことができる。そんな人がいます。
逆に、とても好きな活動でも、この人と一緒だと逃げ出したくなる。そんな人も残念ながらいます。

相互関係を築きにくいという「特性」はあるものの、きちんと周りの人たちのことを自分なりに位置付けています。
だからこそ、支援の側にいる私たちがどのような働きかけをして、どんな関係を作っていくのかがとても大切になってくると思うのです。


ブログランキングに参加しています。もっとポジティブになれるので、ワンクリックお願いします。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 「最後の授業」 | トップページ | 何を伝え、何を共有するのか »

自閉症スペクトラム児の療育・教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/46549301

この記事へのトラックバック一覧です: ちゃんとわかっている:

« 「最後の授業」 | トップページ | 何を伝え、何を共有するのか »