« 「研究授業」 | トップページ | 「スタッフミーティング」 »

親ごさんとともに

昨晩遅い時間に、支援学級の担任の先生と長い間電話で話をしました。
親ごさんとの意思疎通についてです。担任の思いと親ごさんの思いが食い違っている時どうすればよいのだろうという話になりました。
「今のお子さん」をどうとらえるか。まず、これをきちんと明らかにする必要があります。「できる、できない」だけでなく、将来の方向性を含めてきちんと話し合うことが必要です。
そのために親ごさんの「願い」をきちんと受け止めることが大事であると話しあいました。
そのことで一致すれば今どのような支援が必要であるかが導きだされるといえます。

今日は登校と下校の時間に担任しているお子さんの親ごさんといろいろなお話をさせていただきました。
私もまだまだ充分に親ごさんの「思いや願い」をきちんと受け止めることができていないと反省しました。
教育現場での支援の目的は何であるのか・・・
このあたりをもう一度きちんと押さえていきたいと思いました。


ブログランキングに参加しています。もっとポジティブになれるので、ワンクリックお願いします。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 「研究授業」 | トップページ | 「スタッフミーティング」 »

支援学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/46753628

この記事へのトラックバック一覧です: 親ごさんとともに:

« 「研究授業」 | トップページ | 「スタッフミーティング」 »