« 「キーパーソンズ」 | トップページ | 親ごさんとともに »

「研究授業」

支援学級の授業を校内の先生に観ていただく「研究授業」を行いました。
1時間の授業を観てもらうだけでは支援学級の活動を十分には紹介できないため、朝の会の様子から観ていただくことにしました。授業の内容は「感覚・運動あそび」と称したトランポリン・マット・バランスボール・スクーターボードなどを使った活動です。担任2名・支援員2名で授業は行いました。
多くの先生が周りにいる状況でも、お子さんたちはニコニコした表情で活動を楽しんでいたようです。(授業をしている私たちにはそこまで観察する余裕はありませんでしたが・・・)
全体研修会(事後研修会)のはじめには、1対1での指導や自立課題の様子などを撮ったビデオを観てもらいました。
通常学級の先生方から、
「一人一人の成長がよくわかった。」
「個々に応じた指導や声かけを通常学級の指導にも取り入れていきたい。」
「この子らのがんばっている様子を他の子どもたちにも知られていきたい。」
などのうれしい感想をいただきました。
それだけではなく、お子さんたちの今の課題や、個別支援・小集団活動・自立活動がどれも必要であることが話題に上ったこともとても印象的でした。
指導案作成やT1(メインの指導)をしっかりとこなしてくれた相棒と常にお子さんの立場に立った支援をしてくれた支援員さんに感謝しています。

ブログランキングに参加しています。もっとポジティブになれるので、ワンクリックお願いします。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 「キーパーソンズ」 | トップページ | 親ごさんとともに »

支援学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/46738183

この記事へのトラックバック一覧です: 「研究授業」:

« 「キーパーソンズ」 | トップページ | 親ごさんとともに »