« 教師としての「感覚」 | トップページ | 就学支援委員会 »

Mercury Rising

個人的なブログとのコラボ記事です。

ハリウッド映画:Mercury Risingのシーンを使った自閉症スペクトラムの紹介です。
この映画も「異質・異文化との相互理解」がテーマです。

描かれたシーンや解説は11年前のものとしてごらんください。
本編でのビル屋上のシーンはなんともいただけませんが、大好きな映画の一つです。

ブログランキングに参加しています。もっとポジティブになれるので、ワンクリックお願いします。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ


|

« 教師としての「感覚」 | トップページ | 就学支援委員会 »

自閉症スペクトラム児の療育・教育」カテゴリの記事

コメント

映像拝見しました。
よく出来てますねー。

なにより英語はからきしな私が、このような映像を見て何を言わんとしているのかについておぼろげにも理解できるというのに驚きです。

なにも知らなかった頃にはちんぷんかんぷんだっただろうなあと思いました。

フォーカスずれたかもですが(笑)学んできてよかったなとちょっとほっかりです。

投稿: 西風 | 2009年12月20日 (日) 22時37分

私は11年前にこの映画で初めて写真カードや絵カードの使われ方や、アメリカの自閉症学級の様子を知りました。
書籍だけではなかなかわかないことがすんなり理解できたように感じました。

投稿: BOGEY | 2009年12月20日 (日) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/46943861

この記事へのトラックバック一覧です: Mercury Rising :

« 教師としての「感覚」 | トップページ | 就学支援委員会 »