« やきもち | トップページ | 教師としての「感覚」 »

アイコンタクト

Aさんは最近アイコンタクトが頻繁に見られるようになりました。

学習場面では自信がない時に私を見て、「これでいい?」と同意を求めるような表情をします。
休憩時間が終わり昇降口に戻ってきたときに、「ちゃんと帰ってきたよ」というように目を見て少しうなずきます。これは「えらいよ!」という時の私の表情をまねをしているようにも見えます。
先日は体育館の中の倉庫の中に入ろうとした時、「していい?」と了解を求めるアイコンタクトを、離れたところからすることができました。もちろんこれはNGですので、私は首を横に振ります。倉庫はあきらめ、次ははしごのところでもう一度、残念ながらそれもNG。最後に飛び箱のところに来てもう一度、これはOKです。(この了解を求めるアイコンタクトは発達段階の中でどの子にも見られる行動のようです。)
このようなアイコンタクトが増えてきて、とても穏やかに「納得」することができるようになったと感じています。

どのお子さんにも共通することではないでしょうが、「ことば」だけではないコミュニケーションのありようを考えていくヒントになると思っています。

ブログランキングに参加しています。もっとポジティブになれるので、ワンクリックお願いします。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« やきもち | トップページ | 教師としての「感覚」 »

支援学級における発達支援」カテゴリの記事

自閉症スペクトラム児の療育・教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/46919110

この記事へのトラックバック一覧です: アイコンタクト:

« やきもち | トップページ | 教師としての「感覚」 »