« 就学支援委員会 | トップページ | 話してみること »

プレイング・コーチ

支援学級の担任をしながら巡回訪問を行っていると、実務のあわただしさだけでなく、アドバイス内容と実践内容の同一性・統一性が課題になります。
自らの実践が一番問われているのではないかと思うことがたくさんあります。
「理想」と「現実」のギャップをどう埋めていくかという課題に常に直面しているのはコーチ兼任の選手のようです。
自分のプレーを磨かない事には、何もはじまらないと感じることしきりです。
私の留守の時を預かってくれているスタッフに感謝するとともに、常に前に進む姿勢を持ち続けなければと思います。

(今は連絡表作りを通して、2学期の支援のまとめ・評価をスタッフ全員で作り上げています。スタッフ全員が書いてくれた支援のまとめを読みながら今後の方向性もチームで明らかにしていきたいと思っています。)

ブログランキングに参加しています。もっとポジティブになれるので、ワンクリックお願いします。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 就学支援委員会 | トップページ | 話してみること »

支援学級における発達支援」カテゴリの記事

臨床発達心理士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/46998105

この記事へのトラックバック一覧です: プレイング・コーチ:

« 就学支援委員会 | トップページ | 話してみること »