« 実践のための「学び」 | トップページ | 「待てる」こと »

高次脳機能障害について

以前、落下事故で脳機能障害を負ったお子さんの指導をしたことがあります。
脳外科の担当医と共同で検査を行ったり、療育方針を検討しました。
確かその頃は「高次脳機能障害」という概念がまだ確立されていなかったと思います。
私自身まだ不勉強ですが、どうもこのあたりの知識がこれから必要になってくるように思っています。それは、自閉症スペクトラムと診断されているお子さんの療育にも少なからず役立つと考えているからです。

国立障害者リハビリテーションセンターのサイトに「支援の手引き」ありましたので紹介します。


高次脳機能障害者支援の手引き


ブログランキングに参加しています。もっとポジティブになれるので、ワンクリックお願いします。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 実践のための「学び」 | トップページ | 「待てる」こと »

支援学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/47310301

この記事へのトラックバック一覧です: 高次脳機能障害について:

« 実践のための「学び」 | トップページ | 「待てる」こと »