« WISC-Ⅲ研修会 | トップページ | 新年度にむけて »

いろんな対応をしてみること

具体的なことは書けませんので、きっとこの記事はよくわからないものです。ごめんなさい・・・

どのような対応がもっとも適切かは、トライ&エラーするしかないかもしれません。
もちろん教育現場ではあってはならないエラーもあるのですが、他の人に任せていては結局はなにも解決できないことが多いのも確かです。

私の申し出を断って、しっかりと子どもと向かい合うことを選んだ「相棒」に最大限のエールを送ります。

あなたは今確かに「旬」を迎えています。

ブログランキングに参加しています。もっとポジティブになれるので、ワンクリックお願いします。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ


|

« WISC-Ⅲ研修会 | トップページ | 新年度にむけて »

支援学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/47391776

この記事へのトラックバック一覧です: いろんな対応をしてみること:

« WISC-Ⅲ研修会 | トップページ | 新年度にむけて »