« 「待てる」こと | トップページ | WISC-Ⅲ研修会 »

ちょっとした工夫で

なかなか学習に参加しにくいお子さんの場合、ちょっとした教材の工夫で見違えるように取り組む姿勢が変わることがあります。

算数の計算や九九の問題を入れたすごろくや国語の漢字の読み方を入れたすごろくを作ってみました。
ゲーム性が少し入るだけで、うんと意欲的に学習に取り組めるようになりました。休み時間でもその教材を使って楽しんでいます。
「学ぶことが楽しくなる工夫」これはどの学びの場でも必要なことです。

まずは支援者の先入観をなくすこと。「教えることはかくあるべきだ」なんていうスタンスでいると結局はとても効率の低いつまらない学習になることが多いと思います。


ブログランキングに参加しています。もっとポジティブになれるので、ワンクリックお願いします。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ


|

« 「待てる」こと | トップページ | WISC-Ⅲ研修会 »

支援学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/47356469

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとした工夫で:

« 「待てる」こと | トップページ | WISC-Ⅲ研修会 »