« 相棒の左手 | トップページ | 教師という仕事 »

育ってます3年目

学校訪問で高学年の3クラスを観察しました。この学年もきちんと意思統一して取り組みを行っていることが見て取れます。ベテランの2名の教師と3年目の若い教師が担任です。

3年目の先生のクラスは朝の学習から観察させていただきました。すべての子が学習プリントにきちんと取り組み、終わった子はさっと机の中から本を出して読書をしています。時間になったら先生が「今からテスト勉強、2分ね」と声をかけると、それぞれのやり方でドリルの見直しや漢字を書いたりしています。
教室の中は物は多いのですが、すっきりとした感じがします。掲示板や横の壁には先生の手書きの月ごとのメッセージがいくつかあります。「学習・仕事・遊び」のどれもが大切に位置付けられていることが分かります。子どもたちはきびきびと反応していますが、表情はとても柔らかいのです。

国語の授業では小グループでの話し合い、にぎやかで笑い声も聞こえてきます。どの子もちゃんと課題に向かい合っています。1時間で机の隊形が3回変わりました。教師の話を聞く時・班での話し合いの時・班の代表の発表を聞く時。その都度子どもたちの気持ちもリセットします。

スタートはとても大変だったそうですが、丁寧に縦糸と横糸を紡いで来た成果が今の子どもたちの姿にあらわれていると思いました。

「こちらの3年目も育っていますね。」とベテランの先生と話しました。若い先生の成長がまぶしくみえます。とてもうれしいことです。


ブログランキングに参加しています。もっとポジティブになれるので、ワンクリックお願いします。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 相棒の左手 | トップページ | 教師という仕事 »

通常学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/47478411

この記事へのトラックバック一覧です: 育ってます3年目:

« 相棒の左手 | トップページ | 教師という仕事 »