« 「一期一会」 | トップページ | 「代替医療のトリック」 »

「振り返り」

学期末にいつも支援員さんや交流学級の担任の先生に子ども一人ひとりの「振り返り」を書いていただいています。
Bさんは不安や緊張が強いお子さんでなかなか集団参加が難しいことがありました。
自分で「いかなきゃ」と思っているのになかなかきっかけがつかめない、その迷いで身動きができないようにも見えました。

そのBさんの交流学級の担任のM先生がその「振り返り」に、
ある教科では「ごめんなさい、ほとんどいてもらえない教科でした。」
また、別の教科では「ごめんなさい、うまく活動にさそいきれませんでした。」
と書いてくださっていました。
(もちろん参加できた教科のことは詳しく書いてもらっています。)

今は通常学級の子どもたちの支援・指導だけでも大変な状況がどこでもあります。そんな中、支援学級の子も自分のクラスの子としてきちんと取り組んでくださっていました。だからこその「ごめんなさい」だなあと本当にありがたい気持ちで読ませてもらいました。

支援学級担任の私たちこそ充分な支援ができずに「ごめんなさい」とBさんやM先生にいわなければならないと思いました。

この「振り返り」をきちんと来年度の取り組みに生かすこと、とても大切です。

ブログランキングに参加しています。もっとポジティブになれるので、ワンクリックお願いします。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 「一期一会」 | トップページ | 「代替医療のトリック」 »

通常学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/47807044

この記事へのトラックバック一覧です: 「振り返り」:

« 「一期一会」 | トップページ | 「代替医療のトリック」 »