« 心配する気持ち | トップページ | 発達障害のある子の「行動問題」解決ケーススタディ―やさしく学べる応用行動分析 »

家庭で無理なく楽しくできるコミュニケーション課題30

「家庭で無理なく楽しくできるコミュニケーション課題30」 
    学研 井上雅彦著 藤坂龍司著  1900円

以前紹介した「家庭で無理なく楽しくできる生活・学習課題46」の続編にあたる書籍です。

マッチング、動作模倣
    ↓
鏡を使っての口形模倣や音声模倣、命名
    ↓
物の属性、二語文・三語文
    ↓
会話の基礎
    ↓
ピアトレーニング

どのレベルのお子さんにも必要なセッションのヒントとなる取り組みが紹介されています。
当然お子さんに合わせたカスタマイズが必要ですが、このような取り組みの指針となるような書籍はとても貴重だと思います。

この手の書籍を見るたびに、「家庭」での取り組みも大事だけれど、学校などの支援の現場でもっとこのようなコミュニケーションに対する取り組みが広がっていってほしいと強く思っています。特に通常学校の支援学級では数字や計算、文字指導等に多くの時間を費やしていることが多く、その子のコミュニケーションの課題に目を向けることにあまり熱心でないようです。


ブログランキングに参加しています。もっとポジティブになれるので、ワンクリックお願いします。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 心配する気持ち | トップページ | 発達障害のある子の「行動問題」解決ケーススタディ―やさしく学べる応用行動分析 »

関係書籍等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/48217779

この記事へのトラックバック一覧です: 家庭で無理なく楽しくできるコミュニケーション課題30:

« 心配する気持ち | トップページ | 発達障害のある子の「行動問題」解決ケーススタディ―やさしく学べる応用行動分析 »