« フィードバック | トップページ | ここそこでABA »

サマースクール:ビジター

午前中は年休をとって前任校の「サマースクール」に参加させていただきました。子ども用のサーフィンボードを持参しての参加です。当然ビジターとしての参加ですが、みんな何の違和感もなく受け入れてくれました。
とても楽しくプールに入ったり、スイカ割りをしたりしました。

楽しい思いをしながらずっと「支援学級に必要な要素」について考えていました。
まずスタッフです。基本的な学級の方向性は「担任」が指し示すものです。その「担任」の思いがどれだけ子どもに寄り添っているのかが最も大切なことです。そして次にそれを支えてくれる「支援員」さん達のスタンスです。チームワークが自然と生まれてくる。そんなスタッフに恵まれることはまれであることに今更ながら気付かされました。

もうひとつ大きな要素は親ごさんとの関係です。スタッフの支援に対して理解を示してくれる親ごさんにも恵まれていたと思います。スタッフが親ごさんから学ぶ姿勢を持っているかどうか、常に相談しながら支援を行っているのか。これらはとても大切であると思いました。互いに信頼し合い尊重し合える関係を築くことができたら、それは子どもにとってとても幸せなことだと思いました。

もし、うまくいっていない支援学級があったとしたら、まずはスタッフとも親ごさんともうんと話し合うことが大切だと思います。共通理解が一つでもできれば、それは確かに子どもにとってプラスに働いていくものですから。

ブログランキングに参加しています。もっとポジティブになれるので、ワンクリックお願いします。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« フィードバック | トップページ | ここそこでABA »

支援学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/48992293

この記事へのトラックバック一覧です: サマースクール:ビジター:

« フィードバック | トップページ | ここそこでABA »