« 2カ月間の実習で | トップページ | 「教師の驕り」 »

「親ごさんの思いを・・・」

「親ごさんの思いを大切にしないで、なにができるのですか?」
ちょっと語気が強くなりました。
この支援学級への訪問はこれまでに何回もありました。その都度支援計画や具体的な指導についてもアドバイスはさせていただいていましたし、校内のコーディネーターも大変精力的に支援学級に対して援助を行ってくれていました。しかし残念ながら親ごさんとの関係は依然としてうまくいかず修復には至っていませんでした。

「親ごさんが地域の学校を選んだ思い。」や「特別支援学級を選んだ思い。」をきちんとくみ取って、子どもたちの支援にあたってほしい。そして、その取り組みは「子どもの自立」につながらなければ意味がない。
昨年「相棒」と話しあっていたことをそのまま伝えました。

親ごさんから学ぶこと、お子さんから学ぶこと、それらを大切にして実践できるプロであって欲しいと思いました。

ブログランキングに参加しています。もっとポジティブになれるので、ワンクリックお願いします。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 2カ月間の実習で | トップページ | 「教師の驕り」 »

支援学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

BOGEY様
初めてコメントを書かせていただきます。
いつもお子さんたちや親の立場に寄り添ったブログを掲載いただき、ありがとうございます。
親として、暖かいコメントに元気をいただきながら、こんなことも学んでいきたい、あんなことも参考にしないと・・・と勉強させていただいています。
この親御さんは「土壇場で」の親御さんでしょうか?また別の親御さんでしょうか?
どんなお気持ちで相談を断られたのか?どうして支援者の方とうまくいかないのか?
とてもわかるような気がします。
昨年度まで子どもが通った学校では、入学時から子どもの特徴を話し、「ユニークな子どもであること」「悪意はないのに、ちょっとした事が発端で大事件になってしまうこと」をお話し「配慮」いただけるようお願いしてきました。
ところが、親と学校側で、発達特性の認識や凸凹の部分に対する認識がかなり食い違うため、家庭でもフォローしてやっとできることを「普通にできています」「何の心配もいりません」「お母さんの心配のしすぎです」と思っていらっしゃいます。
先生のおっしゃる通りなら親としてどんなに嬉しいことでしょう!!
でも、努力しても努力してもうまくいかない子どもに対し、「先生のおっしゃる通りじゃない部分もあるよね」と思えるから「親の気付き」を伝えるのです。
親の言うことに「疑問」が生じれば、ぜひ先生方から「学校では気が付いていないけど、気をつけてみてみるね」「私はそう思わなかったけど、お母さんはどうしてこんな風に思った?」と聴いていただけないのでしょうか?
私はいつも「そんなことはありません!!」と言われてしまい、取りつく島もないのです。そして「親がこんな風に考えているから(←いえいえ考えていませんって)こうなるのだ」と決めてかかられるのです。
先生方は、特別支援教育をはじめいろいろなことが要求されて、ゆとりもないのでしょうか?
私たち親にこう対応したように、きっと、子どもたちの疑問やつぶやきにも向き合ってもらえなかったのだろうと予測しています。
学校での「話し合い」と称する「学校の主張のオンパレード」と、先生方の「経験」に基づく「家庭批判」の上、うまくいかなければ「放置」・・・が我が家のたどった道でした。
高校は単位が取れなければ、良い意味でも悪い意味でも進級・卒業が出来ません。でも、義務教育はどれだけ放置されても、6年経てば、3年経てば「卒業」なのですね。
とても義務教育の無責任さを痛感してしまったこの3年間でした。
この事があったから「親だって自分の子に関しては専門家と話せるくらい勉強しなきゃ」と思って勉強をしています。学校の理解が深ければ、こんなに勉強しようとは思わなかったことと思います。その意味では勉強の機会を与えていただいた学校には感謝かも知れません。
でも、いくら親ががんばっても、もう子どもは義務教育には戻れないのです。放置された数年間は戻ってこない・・・
それが今のとても空しい感想です。
このご家庭に支援の気持ちがうまく伝わりますように、ご家族の思いが支援者に届きますように、そしてご家族やお子さんが孤立してしまわれないように・・・・・、
支援者の方も親御さんもお子さん自身も心からの笑顔になれますよう、心からお祈りいたします。
(愚痴メールになってしまったことをお詫びします)

投稿: ガリレオ母 | 2010年7月 4日 (日) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/48778381

この記事へのトラックバック一覧です: 「親ごさんの思いを・・・」:

« 2カ月間の実習で | トップページ | 「教師の驕り」 »