« 「メタ認知」について | トップページ | 「ぼくうみ」DVDは実行委員会で! »

WISC-Ⅲの解釈は応援メッセージ

今、WISC-Ⅲ検査結果をまとめています。

一般的な解釈の手順ははずさずに、しかも親ごさんや学校の先生が今後の子育てや支援の参考になるような具体的な分析結果になるように努力しています。
しかし、これがなかなか時間のかかる作業です。

検査中の行動観察で見られた「その子らしさ」をどのように捉えるか
「強み」と「弱み」の分析とそれらに対する働きかけ
下がってしまっている「自己評価」をどのように上方修正するか
担任の先生に解ってもらえるような「支援方法」
親ごさんに解ってもらえるような「子ども理解」

本人にとっても、親ごさんや先生にとっても「応援メッセージ」になるものにしたいと思っています。


ブログランキングに参加しています。もっとポジティブになれるので、ワンクリックお願いします。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ


|

« 「メタ認知」について | トップページ | 「ぼくうみ」DVDは実行委員会で! »

臨床発達心理士」カテゴリの記事

コメント

「発達検査のデーターを親が理解して、子供の今後に生かしたい。」と希望。来週、WISK検査・診断結果の説明を臨床心理士さんに説明して頂けるようになりました。

大阪では保護者向けに診断結果の読み方・生かし方の勉強会があると聞いて、少し羨ましく思った私。親の気持ちに応えてくれた臨床心理士さんに感謝ですhappy01

学校と医療機関の連携が上手くいって、我が子は素晴らしいサポートを受けています。

BOGEYさんを含む色んな方々の理解と協力に恵まれ、子供も私達家族も幸せに思いますheart04

投稿: レインボーママ | 2010年9月19日 (日) 08時10分

こんにちは。
ボクも今、同じテーマで頭を抱えています。
頑張っているお子さんと保護者と職員の方々の労をねぎらいながら、嘘偽りのできない数値データをいかに伝えていけばいいのか、難しいところです。
「応援メッセージ」
おっしゃる通りだと思いました。

投稿: hige | 2010年9月19日 (日) 11時56分

こんにちは。最近WISC-Ⅲをよく目にしますが、いまいちよくわからないのですが、少し掻い摘んで教えていただけないでしょうか?学校での子供の評価が非常に低いような気がしてきました。なかなか親がその発達状況を判断することも出来ないのですが、それに役立つということでしょうか?
また、自閉症は表面では、わかっているのかどうかわからないようなところがあって、でも、実は、親がこんなことも出来るということを発見して、どのようにそれを学校側が発展させてもらえるのか方法もよくわからないのですが、なにかよい方法があればぜひおしえていただきたいのですが。。。

投稿: まつやま | 2010年9月19日 (日) 22時14分

レインボーママさん、お返事遅れてすみません。(どうもコメントの通知機能がダメになってるみたいです)

私たちはきっとたくさんの素敵な出会いを、子どもたちを通してもらっていると感謝しなければいけませんね。

これからもたくさんの「つながり」を大切にしていきましょうね。

投稿: BOGEY | 2010年9月28日 (火) 19時52分

higeさんおげんきですか?
コメントありがとうございました。

数値だけが独り歩きすることのないように、数値だけで子どもを分析すすることのないように充分な配慮が必要ですよね・・・
今日もスクールカウンセラーとこのあたりのことで話し合いました。

また、higeさんのご意見もいろいろ参考にさせてくださいね。

投稿: BOGEY | 2010年9月28日 (火) 20時01分

まつやまさん、はじめまして!
コメントありがとうございます。実は私のこのブログに来られる方の検索ワードでいつも上位に入っているのが「WISC」です。
検査についてはこれからもわかりやすい記事を書いていくつもりですのでまたのぞいてくださいね。

学校と家庭との連携は自分の仕事にとってとても重要なことだと思うので一緒に考えていけたらいいなあと思います。

また、コメントくださいね!


投稿: BOGEY | 2010年9月28日 (火) 20時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/49488269

この記事へのトラックバック一覧です: WISC-Ⅲの解釈は応援メッセージ:

« 「メタ認知」について | トップページ | 「ぼくうみ」DVDは実行委員会で! »