« 6年生の課題 | トップページ | あの子たちの「おだやかな明日」 »

トイレットトレーニング

自閉症のお子さんのQOLを考える時、睡眠・摂食・排便はとても大切なことです。
大便をトイレで出来ないお子さんのトレーニングをこんな風に取り組んでいます。

1 排便リズムの確認
2 もっとも取り組みやすい時間の特定
3 まずは便器に座れるだけでOK
4 便器に座っていてもリラックスできるように
5 座った姿勢での力の入れ方
  (マッサージをして便意を促す子もいます)
6 ちょっとでも進歩したら大いに褒めます
7 家庭での取り組みをあせらない、でもちょっとずつ進めます
8 とにかくあせらない・・・

子育ての経験をされている人はこのあたりのさじ加減がとても上手です。とにかく暖かく見守る程度の「ゆるさ」がとても大切だと思います。

これは軽度の「こだわり」についても同様な気がしています。

ブログランキングに参加しています。もっとポジティブになれるので、ワンクリックお願いします。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ


|

« 6年生の課題 | トップページ | あの子たちの「おだやかな明日」 »

自閉症スペクトラム児の療育・教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/49686213

この記事へのトラックバック一覧です: トイレットトレーニング:

« 6年生の課題 | トップページ | あの子たちの「おだやかな明日」 »