« おめでとう! | トップページ | T君の落書き »

事例検討

事例検討では、基本的なことを大切にします。

今までの支援内容とその結果を振り返ることは大切です。
具体的にどんな支援が適切であったのか、また何が効果的でなかったかを明らかにしておくと、次の支援を考える時に大変参考になります。

本人の「困り感」を明らかにすることも大切です。
学校や教師の「困り感」しか見えてこない報告では具体的な子どもの姿を捉えることも、検討もできません。

今の環境が本人に合っていないことから起きる「行動問題」もあります。環境調整を行うこと、本人がすごしやすい環境とはどのようなものかを明らかにすることも大切です。

ここのところ相談件数が増えています。これらの基本的なことを疎かにしないように自らを振り返って1ケース1ケースを大切にしていきたいと思います。


当ブログのコンテンツの著作権はすべて著者に帰属しています。関連ブログはこちらからどうぞ⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ


|

« おめでとう! | トップページ | T君の落書き »

通常学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/49936192

この記事へのトラックバック一覧です: 事例検討:

« おめでとう! | トップページ | T君の落書き »