« 誕生日 | トップページ | 「サポーターズマインド」 »

学級担任にできること

通常学級でのトラブル対応に担任の先生と連携させていただくことも増えてきました。

発達障害サスペクトのお子さんへの対応で苦慮されている先生は、その内容よりも「親ごさんとの連携」が難しいことに困っていることが多いようです。
なにかしらのトラブルが起きて担任から連絡があった時、どうしても親ごさんが「責められている」と感じることが多いようです。このようなことが何回もあると本来の協力し合うべき関係が損なわれることにもなります。(もちろんこれは、担任の伝え方に問題があることも多いのですが・・・)

「親の理解がないから」と責任転嫁してもお子さんの「困り感」をなくすことはできません。

親ごさんと連携するために担任にできること。それはとても当たり前のことですが「信頼関係」を築くことです。
そのために必要なこと。それは、どんな小さなことでもお子さんの「成長」を実感してもらうことです。お子さんのがんばっている様子や肯定的な面をていねいに伝えながら、お子さんが今困っていること、これからぶつかるかもしれない困難さについても伝えていくことが大切だと思います。

学級担任には「親ごさんの気持ち」を想像する力が必要なのだと思います。きちんと親ごさんの思いや願いを理解することが一番の近道なのだと思います。
そして、プロであるからこそ真摯かつ謙虚な姿勢で連携を図っていくことが大切なのだと思います。


ブログランキングに参加しています。もっとポジティブになれるので、ワンクリックお願いします。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 誕生日 | トップページ | 「サポーターズマインド」 »

通常学級における発達支援」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。検索でこちらにたどり着きました。
ぼやきを聞いてもらってかまいませんか・・・。

入学時、うろうろするのと、いやがる時に泣きわめくため、障害児学級と普通学級の両方に在籍していました。
診断は広汎性発達障害、自閉症あたりです。脳波は異常なしです。自閉症の行動がかなりあてはまりました。

障害児学級の授業は学年の違う子だった為、勉強と休憩(おもちゃで遊ぶんです。しかも教室内におもちゃがあります)を交互にしていました。この状態が習慣になるとまずいのではないかと思い、2年からは普通学級のみにしました。
先生は確かに大変だとは思いましたが、協調性をなんとかするには普通学級の環境が絶対よいと思うのです。勉強も好きなものはできますし、苦手なものがだめといった感じですから、気分さえのればなんとかなるのです。

現在5年生(男児)ですが、担任(男)の先生にいつも不愉快にさせられて困っています。(これが一番の悩みです)
親からしたら随分成長したと思っています。会話もできてるし、遊びにくる友達もぼちぼちできました。これは何よりもうれしいのです。

先生には何かあればすぐ教えてくださいとお願いしていますが、(早期に対策をすると解決するので)まとめて懇談の時に言われてしまい問題が習慣づいていたりします・・・。

例えば、優しい先生の時間に寝てしまうとか、テストを書かないとかです。
嫌な事や難しそうな事をやれと言われた時にぎゃーぎゃー泣くというのが根強く残っていて、これも言い方により実はなんとかなるのです。

4年生までは補助の先生ががついていたようですが、手を貸し過ぎていたのではないかと思えることもあります。(文句ばかりですが感謝はしています)
プリントをファイルするのを先生や隣の子がしていたようで、(そこまで何故?)そういうことも自立ができてなかったのです。

5年になって担任の先生が補助の先生はつけなかった(最初お行儀よかったようで)ため、しばらくすると手がかかりだし、いろいろ言われだしました。「殴るとこだった」と面と向かって言われたこともあります。

先日の懇談では、普通学級は無理だの、他の子が変に思うとか、特別視すると他の子が納得しないとか、このままでは中学無理ですとか、将来の事を考えた方がいいとか言われました。
他の科目を教えてる先生にもたのめないと言われました(扱い方のようなこと)・・・でも先生なのに・・・

特別視してるからといって他の子がずるいとか思ったりするのでしょうか。子供なりに何か違う子というのはわかっているはずです。私自身小学生の頃、そういう子の世話をすすんでしてたからわかるのです。教えてあげる、やってあげるというのは嫌な事ではないと思うのです。

先生もイライラしてるのだろうとは思うのですが、早くに言ってくれたらなんとかするのにと思い非常にもどかしいです。

愚痴ですみません。

投稿: 悲しいです | 2010年12月25日 (土) 03時20分

こんにちはwwコメントありがとうございました。
お子さんはたのしい冬休みをすごされていますか?
おうちでの様子が落ち着いているのであれば、何よりです。
いつも私は学校での「困り感」がどの時間にどの程度あるかあるかでこれからの取り組みのあり方を考えています。
教科の学習が問題なく取り組めるのでしたら、先生の働きかけや周りの環境を整備することで解決できることは多いと思います。
逆に学習自体がしんどいのであれば、今後の支援の在り方や在籍についても考えていく必要があると思っています。
もっと先生と話せる環境があるといいですねえ。私は交換日記のようなことをしていますよ。

愚痴っていっぱいいった方がいいと思いますよ。
何かあったら
またいっぱい聞きますからねww

投稿: BOGEY | 2010年12月30日 (木) 13時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502259/50041855

この記事へのトラックバック一覧です: 学級担任にできること:

« 誕生日 | トップページ | 「サポーターズマインド」 »