« 「海のみえる森」 | トップページ | 200000アクセス:ありがとう! »

就労支援継続支援事業A型

就労支援継続支援事業A型(雇用型)事業所の見学に行ってきました。
自立法以前は「福祉工場」と呼ばれていた、雇用契約を前提とした事業所です。

事業所の責任者の方の案内で椎茸や苺のハウスなどを見学させていただいた後に、お話をうかがいました。
「とにかく、毎日来て、楽しく、それでお金をもらえること」を目標にしているそうです。就労支援が最終目的ですので、1人でも多く一般就労につながればいいのですが、昨今の就職難は大きなマイナス要因になっているとのことでした。
働いている人は34名(定員は20名)平均年齢は36才。指導・支援者は5名です。椎茸の栽培・収穫などが主な仕事です。
残念なことに私たちの県は障害者就労率がワーストの県ですので、同様のA型はここを含めて6か所しかないとのことでした。

「親ごさんがなくなるまでに、(働く)力をつけてあげたい」と長年障害者福祉に携わってこられ、昨年からこの事業所の責任者になられた方が話されていました。

学校教育になにを望むかとお尋ねしたところ、
「日常的な生活能力をつけること」を一番にあげてみえました。

「今」どんな支援が必要なのかを考えること、そしてそれを継続・発展させていき、就労・自立にどうつなげていくかということを明らかにしていくことが大切だと思いました。
そしてまた、このような事業所をもっともっと増やすことが必要だと思いました。

ブログランキングに参加しています。もっとポジティブになれるので、ワンクリックお願いします。⇒ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

|

« 「海のみえる森」 | トップページ | 200000アクセス:ありがとう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 就労支援継続支援事業A型:

« 「海のみえる森」 | トップページ | 200000アクセス:ありがとう! »